オフィスで飛沫感染対策をしませんか?

「オフィスでマスクや除菌以外の感染対策を行いたい...」
「オフィスワークを行う社員やスタッフの不安を無くしたい...」

そんな希望を叶える商品「クラウドスクリーン」を開発しました。

島型オフィスの飛沫感染防止アイテム

日本企業のほとんどが「島型デスク」と呼ばれる、コミュニケーションを円滑に行うための「密」なデスク配置を行っています。
コミュニケーションは円滑に。でも感染対策もしっかりと。

「クラウドスクリーン」はそんなあなたの希望にお答えします。

今までのオフィス環境を損なわない「クラウドスクリーン」

従来の感染防止アイテムを取り入れると、感染対策としては万全ですが「エアコンや火災報知器」「各々のデスクの稼働範囲」「スタッフ同士のコミュニケーション」が損なわれてしまい、今までのオフィス環境が低下します。
「クラウドスクリーン」は今までのオフィス環境を保ちながら、感染防止が可能な商品です。

アフターコロナ時代のオフィス環境とは

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、わたしたち人類の働き方は大きく変わりました。
会議や打ち合わせがオンラインで行われ、極力コミュニケーションを避けることで感染対策を行い、「リモートワーク」を実施する企業が多くみられています。ウイルスが沈静化した後もこの動きが止まることはなく、日数制限を設けた半リモートワークや必要に応じての在宅勤務など、「フレキシブルワーク」に移行しつつあります。

一方で、「リモートワーク」を行うにも対面での業務が必須である「非リモートワーク」の企業や施設も多く存在します。役所や病院、介護施設、保育園など、多くの方々が極力3密を避けて仕事に取り組んでいます。

「フレキシブルワーク」と「非リモートワーク」。いずれにしても、今後も継続した対策が必要になることは間違いありませんより。
出勤はしなければならない。でも感染の恐れがある。予防対策に関して社員やクライアントからの不満が怖い、、、。
アフターコロナ時代の今だからこそ、突貫商品ではなく、しっかりと企画された感染予防商品が必要であると考えます。

「三密」から新たに生まれる「三悩」

このような三つのお悩みを抱える企業の皆さまに、ぜひクラウドスクリーンをご導入いただきたいと考えています。

コロナ時代の「三悩」とは?

対面での業務や接客が必須であるため、リモートワークができない

役所、病院、介護施設、保育園。リモートワークを実施できない中でも、一般消費者からは確実に必要とされるため、稼働せざるを得ないのも事実。
アルコール消毒やマスクなどはもちろん徹底しているが、飛沫感染の恐れを考慮すると更なる対策が必要なのでは...。

ウイルス対策として、レイアウト変更や移転をしたいが予算がない

レイアウト変更するにも、電源場所やコピー機の場所の「動かせないモノ」の都合によって、より良いレイアウト変更ができない。
広いオフィスに引っ越そうにも予算がなく、それによって今まで上げてきた認知度も失ってしまう...。

フリーアドレス制にしたが、社員がスタンドアローン化(孤立)してしまった

思い切ってフリーアドレス化を行ったが、社員同士のコミュニケーションや、以前はあった社内の活気が突如なくなり、業務上でのミスが多く目立つようになった。社内の意見を取り入れたくて実施したはずなのに、何故かみんなは不満そうだ...。

そんなお悩みを「クラウドスクリーン」で解決しませんか?

飛沫感染を防止し、社員のオフィス業務時や顧客が来社しての打ち合わせ等にて、安全を保つことができます。普段のコミュニケーションを失わず、レイアウト変更や引っ越しを行う必要もないので、低予算での感染対策、飛沫防止が実現できます。

ベーシックプラン

感染や飛沫を防止する「透明スクリーン」と「スチールフレーム」で形成するベーシックなプランとなります。比較的低コストなプランとなり、緊急性を要する場合は、こちらのプランがオススメです。

価格と詳細

照明付きプラン

ベーシックプランに明るさを調整できる照明を追加したプランとなります。天井の既存照明に干渉しないように設計されていますが、これを機会にオフィスの明るさを見直したい方にお勧めです。

価格と詳細

植栽付きプラン

スチールフレーム部分に造花を施すことで、景観を保つプランとなります。「オフィスが殺風景」「天井が高くないのでスチールフレームが目立ってしまう」などのお悩みにお答えいたします。

価格と詳細

クラウドスクリーンは現在特許申請中です

皆さまの大切なオフィスで使っていただく商品だからこそ、より安心な状態でご提供したい。
そんな思いから、特許申請を出願中です。

私たちのクラウドスクリーンに込めた思いについては、プレスリリースをご覧ください。

島型オフィスですぐにソーシャルディスタンスを実現、飛沫感染を防止!! 空調屋さんが考えた、空気のような呼吸する仕切り、「クラウドスクリーン」を発表しました。

プレスリリース

まずはお問い合わせください

現場調査や実物の見学、その他ご不明点などお気軽にご連絡ください。
Tel: 03-3895-5555

コンタクトフォーム